理解しておきたいシャチハタの基本知識

朱肉を要しない浸透スタイルのゴム印のことを一般的にシャチハタといいますが、元を正せば企業名でありまして、シヤチハタ株式会社が販売している為に、ゴム印をシャチハタと称するようになっています。
元来の品名はXスタンパーという名ですが、語呂の言い易さから、社名のシャチハタというキーワードが一般向けに拡がっていきました。
加えて、ネーム印という名でセールスする販売店もよく見られます。
朱肉を持参していくことが必要なく、何回も休むことなく押すことが出来ることから利用しやすく、多種多様な場面で目にします。
特に、ボールペンに対してシャチハタが実装されているものは、気楽な気持ちで押せてとてもユーザビリティの高い印鑑として、広範囲に行き渡っています。
プライベートは、玄関先、あるいはリビングにいつでも置いておくことを通して郵便物の受取に活用するケースや、ビジネスでは、常日頃のオフィスワークでどうしても必要な書類の承認印という形で、よく使用されるタイプのはんこになります。